回答ページ

 

総合開運法クラス(初級・中級)は2018年をもって終了します。2018年以降は、希望者には個人指導を行いますので、お問い合わせください。※クラス受講済の方に限ります。

総合開運法習得クラスについてのQ&A
Q1 「神道フーチを行っていると、潜在能力が発現してくる」とはどういうことですか。
A. 人間にはさまざまな潜在能力があります。神道フーチは、その能力を使ってリサーチを行う古来のメソッドです。文字ではなく、その奥に拡がる“言語宇宙”にアクセスします。
人間を“島”で例えると、水面上が「顕在意識」、目に見えない水面下が「潜在意識」です。「潜在意識」の下に広大な『集合的無意識』があります。集合的無意識は万人共通の意識であり、その奥に、『時空超意識(時空を超えた意識)』、『神意識』があります。
神道フーチは、集合的無意識や時空超意識の部分を調べます。Aさん(相談者)のことをBさん(カウンセラー)が調べられるのは、集合的無意識でつながっているからです。神道フーチはある意味、メンタルトレーニングにもなります。神道フーチが上達すると、集中力やイメージ力がついてきます。さらに、神道フーチは深い意識とアクセスを繰り返すため、だんだん直観力や洞察力など、自分の潜在能力が発現してきます。私は自神拝と併用することで、開運能力を高め、潜在能力の開発にもなりました。
Q2 一般の易占と、神道易はどう違うのですか。
A. 神道易は自分の一霊四魂と易神さまがペアになって行います。易神さまとは易占をつかさどっている神仏とは別次元のご存在たちであり、易神界は原則界に連なっています。
神道易の最大の特長は、「神道易専用の易神さま」を上空にお呼びして、易神さまに占っていただくことです。そして、「神・仏・先祖」の産土開運法をはじめ、各種開運法と連動することで、開運吉祥・和楽繁栄の人生にしていくものです。
そもそも易とは「行動の指針や心がまえ、将来性を明らかにすることで、運命を開拓し、禍転じて福となす」というメソッドです。神道易の場合は、神仏界からのバックアップを受けるというシステムになっています。たとえば、受験の場合、「〇〇大学◇◇学部に合格するための行動の指針」という神道易を立て、合格するための開運法を行います。自力と他力が相まって、合格という結果を出すわけです。
Q3 神道フーチと神道易はどう違うのですか。
A. 神道フーチは「現時点で、何が最適か」「どこが産土神社(鎮守神社)か」というように、チョイス(選択)するメソッドです。それに対して、神道易は「行動の指針」「心がまえ」「つき合い方」「将来性、運勢」などを占うことができます。
たとえば、神道フーチで「どの企業に就職するのがよいか」を調べ、その企業で「成功するための行動の指針」を神道易で立てるとよいのです。神道易で調べる具体的な例をご紹介しましょう。
☆母親(父親)として、息子・〇〇〇氏(平成18年3月3日戌年生れ)が健やかに育つための母親(父親)としての心がまえ(家族・配偶者も同様です)
☆〇〇大学◇◇学部を受験し、合格するための心がまえ
☆知人である◎◎◎氏(昭和〇年〇月〇日〇年生れ)との今後の付き合い方
☆株式会社〇〇〇の業績の将来性(その会社の今後の業績を占います)
☆株式会社〇〇〇から就職内定をいただくための行動の指針
Q4 「前世四柱推命」と、通常の四柱推命とはどう違うのですか。
A. 前世四柱推命の特長は、「鑑定」と「秘伝開運法」がセットになっていることです。総合開運法習得クラスは、特に各種開運法と問題解決法、人生運そのもののアップに重点をおいています。したがって、「占いは当たっているが、問題を解決する方法がない」ということで、占い師の方も私の秘伝開運法を学び、帝術の伝授を受けに来られます。
(1)自分や家族の空亡(天中殺)期間をはじめ運勢のバイオリズムを知り、それを清め、改善することです。同じ空亡や厄年の時期でも、人によってきつい人とそれほどでもない人がいます。実は今世の運命傾向は、前世に原因があります。前世・先祖のカルマの昇華法、宿命・運命の清めと改善法によって、無事乗り切ることができます。厄年や空亡の具体的な対処法と、乗り切るための神社・仏閣開運法、運気の上昇法も実演・指導します。
(2)四柱推命では「元命星」や「運命星」などから適性を鑑定します。この元命星や運命星も前世が原因になっています。元命星や運命星、「宿命天中殺(人生そのものに天中殺的要素がある)」に秘められた「前世からのメッセージ(人生のテーマ)」を詳しく語ります。
(3)厄年・空亡(天中殺)を清めて運勢をアップする方法と、2大帝術による「霊相」の改善法を伝授します。元命星や運命星をつかさどる原則界の偉大なご存在の神秘力が入った光のマニ宝珠の大神さまによって、宿命・運命の霊的遺伝子のプログラミングを改良して、人生運そのものをアップさせます。
Q5 「四柱推命の元命星・運命星・吉凶星」の元型を改良するとはどういうことですか。
A. 「人生の元型」とは、人生の設計図であり、その設計図を調べるのが四柱推命です。自分や家族の空亡(天中殺)期間をはじめ、運勢のバイオリズムを知り、それを清め、宿命・運命をつかさどる原則界の神秘力で、「元型(人生の設計図)」を改良することが可能になりました。総合開運法習得クラスは、各種開運法と問題解決法、人生運そのもののアップに重点をおいています。
Q6 吉方位で、金運・財運がアップできるとはどういうことですか。
A. 金運・財運がアップする吉方位があり、自力で金運・財運アップができる方法です。私は大阪で講座を開く時は、私の本命星・七赤金星が月盤で吉方位になる月に行ないました。すると、西方の金運アップの吉運を受けることになります。また、家族旅行の場合も、吉方位で神社仏閣参拝を兼ねて行きます。ついでに、温泉もセットにします(笑)。
方位は引っ越しの際に、特に重要です。吉方位に引っ越してから運気が上がる人もいますし、逆に凶方位に引っ越して衰運するケースもあります。凶方位に引っ越しますと、地相・家相が悪い家に当たりやすいのです。総合開運法習得クラスでは、「吉方位・神社開運法クラス」において、吉方位旅行や、吉運・金運アップの引っ越し術も指導します。
Q7 神道フーチを使って、お金を稼ぎたいのですが。
A. 神道フーチを使ってお金をいただく場合、①初伝・神道フーチ開運法クラス、②神道フーチ・神社仏閣開運法補講クラス、③中伝・神道フーチ開運法クラス、④山田雅晴とのマンツーマンの個人指導を受けて、スキルアップをはかってからにしてください。
自動車学校に例えますと、自分が運転できるようになる普通免許があります。タクシーやトラックの運転手のように、運転のプロとしてお金をもらう場合は、それ以上の免許が必要になります。初伝・神道フーチ開運法クラスは、自分が習得し、自分や家族、友人の開運に対して無料で行う習得クラスです。プロとして神道フーチを活用する場合は、さらなるレベルアップが必要です。
神道フーチは開運人生にとても有効ですから、神道フーチのスキルアップのために、初級・中級クラスの再受講や補講クラス、個人指導を時々、受講されると良いでしょう。
Q8 技術(メソッド)の習得のコツを教えてください。
A. すべての技術には、「何のためにそうするのか」という“意図(目的)”があります。そのメソッドの意図を理解することです。わからない場合は「その意図は何ですか」と質問するとよいでしょう。私が教えている光のマニ宝珠の大神さまも、「清め、ご開運する」という目的が達成できれば、細かい部分は気にしなくてもよいのです。実は意図が明確になりますと、私と同じような動きになります。なぜなら、メソッドはその目的を具現化したものだからです。
指導者が見本を示している場合は、しっかり観ることです。武道には、「守・破・離」という上達システムがあります。守(型を覚える)から、破(応用する)になり、離(新たな段階にあがる)にいたります。型を覚えないうちに、自分流にするのはよくありません。私が伝授したメソッドは基本をマスターしてください。それが最も開運効果があるからです。