熱海旅行その② 来宮神社と、伊豆山神社の謎…

熱海では最初に、伊豆山神社に参拝しました。伊豆山神社は7、8年前に参拝して以来です。入口の駐車場に止めて、はるかに見上げる石段をひいひい言いながら登っていきました(翌日は筋肉痛…)。途中に、役小角命(えんのおづぬのみこと)を祭るお社があります。役小角命は伊豆大島に流刑されて、飛行の術でこの伊豆大権現にも飛来して修行していたのだとか。

近年のパワースポットブームの影響もあるのか、参拝客は思ったよりいました。「伊豆山神社はホムスビノ命さまを祭る神社だよ」と聞いていたので、それを意識してごあいさつしました。その後、立て札を見たら、「あれ…? ご祭神、違うんじゃない?」

ご祭神として、「正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(オシホミミノミコト)、拷幡千千姫尊、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」とあります。「ええっ?! ホムスビノ命さま、イザナギノ神さま、イザナミノ神さまのはずだけど、おかしいな…」と絶句する山田。「とにかく、帰ってからもう一度調べてみよう」ということで、気を取り直して、次に来宮神社に行きました。

来宮神社は平日だというのに、参拝客の列ができるほど多くの人で賑わっていました。車を降りると、プーンと木のいい香りがして、ホトトギスのなく声がし、拝殿横に流れる滝の音がさわやかです。

ご祭神は大巳貴命(ダイコクさま)、五十猛命(イタケルノミコト)、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)です。拝殿でお参りして、有名なご神木の大楠を見に行きました。ここも人がいっぱいです。「1周すると寿命が1年伸びる」となっています。

境内には以前茶屋だったのが、今はおしゃれなカフェになっています。スィーツがいろいろあり、とても人気があるようです。カフェもあるせいか、若い人がとても多い感じがしました。熱海では、来宮神社と伊豆山神社は押さえたいスポットです。

その後、海岸通りに出て、『金色夜叉』の貫一お宮の松など見ました。お金に目がくらんだのは貫一か? お宮か?と、ストーリーもよく知らなかったのですが、説明を見ると、お宮がお金持ちに見初められて、婚約者の貫一を裏切ったらしいです。でも、今あの像を見ると、女性を足蹴にするなんて完全にDV男ですね(笑)。それにストーカーとかいわれかねないし。

2016.4来宮神社ご神木

来宮神社ご神木大楠

お宮と別れた貫一はその後どうなったでしょうか?…なんと、復讐するために高利貸しになるのです!(有り得ない展開です…) 時代が変わると、悲恋物語のはずが、なんだか…。